「結婚」に対する価値観の違い3

③「結婚」による変化が分からない人
cat
このタイプは①②のタイプと重複する点があります。
きっと「結婚」に対しての理解が軽いという点で共通しているのでしょう。

③のタイプにありがちなのが、「結婚をしても独身時代と変わらない生活が出来ると思っている」ことです。
よくあるのが、「趣味のコンサートに行く」「欲しいブランド品を買う」といった行為。
もちろん、事前に合意の上での結婚なら問題はありません。
しかしそうでない場合、結婚しても独身時代と同じように自由に好きなことをしたり、好きなものを好きなように買ったり出来ると思っていたら大間違いです。

とくに平均的な年収ならば、子育てや老後の費用を考えると、独身貴族のような生活をいつまでも続けていては家計が火の車になります。

また、③のタイプは異性の友達と二人だけで食事をするなど、
「不倫」などの誤解を招きそうな行動を平気でしてしまう人もいます。結婚相手が納得しているならOKですが、たとえ結婚相手の了承を得ていても、周囲からは「結婚しているのに何をやっているんだ?」と信頼をなくす可能性もあるので注意が必要です。

結婚することは、家庭を持つと言うこと。
すなわち、自分の家庭に加え、結婚相手の家族や親せきとの関係も出来るということです。
「赤の他人」から「血縁関係」になると、「自分とは関係ない」で済まされないことが増えます。

以上のことを参考に、婚活相手が自分の結婚相手にふさわしいのか、しっかり見極める必要があります。

「結婚」に対する価値観の違い2

①「結婚」に理想しか描いていない人 【後編】

princess

また、男性に多いですが、「結婚したら、楽になる」「妻は、母がしてくれたことをすべてやってくれる」と、理想を描いている方がいます。
しかし、そんなに結婚生活はあまくない!
結婚するより、むしろ独身生活の方が楽かもしれません。
結婚前に事前に確認しているなら別ですが、「共働きなのに家事は全て妻がやる」と思っていたら大間違いです!

それどころか、妻に「独身時代にやっていた事は自分でやって!」と言われる可能性大!つまり、結婚=「独身時代にこなしていた家事+α(家族を養う責任など)」になるかもしれないと心得て下さい。
加えて、新婚の妻に家事歴の長い母親と同等レベルの家事力を求めるのも酷です。

②「結婚」に責任感を感じない人

damens
自由人と言えば聞こえはいいですが、

「結婚」をカンタンに捉えている人もいます。
「結婚したら一生添い遂げたい」と思っている方は、耳を疑うでしょうが、世の中には、「結婚してみて、嫌だったら離婚すればいいじゃない?」「結婚していても、他に好きな人が出来たら別れる」「離婚したって、暇なら遊ぼう」といった、とんでもない輩がいます。
「結婚をなんだと思っているんだ~?!」とお叱りの声が聞こえてきそうですが、当人たちは「ちょっと結婚しただけ(ただ役所に婚姻届を提出しただけの関係)」くらいに思っています。このタイプの人と結婚したら、スピード離婚になる可能性が。親戚や周囲の目がイタイですよ…。

 

「結婚」に対する価値観の違い1

大人になると、嫌でも考えさせられる「結婚」

ring3

別に結婚しなくちゃいけないこともないのだけれど、
ずっと独身でいると「結婚出来ない難ありの人」みたいに見られるのも事実。

ところで、「結婚」て、なんでしょう。

ざっくり言うと、赤の他人であるパートナーと戸籍上の家族になること。
そんなこと、当たり前すぎて誰でもわかりますよね。
でも、婚活していて気付いたのが、その「結婚」についての認識が人によって違うということ。

ぶっちゃけた言い方をすると、少なくとも下記の3パターンありますね。
人によって「結婚」に対する思いが違うみたいです!
①「結婚」に理想しか描いていない人
②「結婚」に責任感を感じない人
③「結婚」による変化が分からない人

wedding3

①「結婚」に理想しか描いていない人
どんなに大好きな人がパートナーになっても、結婚して一つ屋根の下で暮らすのは大変。
お互いの習慣や癖などが違い、共同生活でぶつかることもしばしば。
例えば、手料理の味付けやお金の使い方、洗濯物のたたみ方ひとつでバトルが始まります。
また、「同棲生活」より責任のある「結婚生活」では、真剣に向き合わなければいけない問題も増えます。同棲では気にならなかったとしても、実際結婚すると不満が生じることもあります。
お互い大きな心で、我慢しないといけないこともたくさんあるのです。